【NEWS】女子中学で好記録が連発 ―第57回宮城県スポーツ祭典陸上競技大会

新日本スポーツ連盟宮城県連盟は2019年9月22日(日)、第57回宮城県スポーツ祭典陸上競技大会を、弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)にて開催。中学40校・一般33名(大学1校含む)・参加数716名でした。

当日は朝から雨の予報。実際はお昼頃に霧雨が降った程度で、選手やグラウンドコンディションに大きな影響を与えることはありませんでした。女子中学中距離種目で好記録が連発したのが印象的な大会となりました。昨年同様、一般枠で参加の企業チームは、今回大所帯でエントリー。100m・800m・4×100mR・走り幅跳びと数々の種目に挑戦。また、一般女子800mにも出走し、印象的でした。

一般の方々が気軽に参加できる希少な大会と認識されており、来年も顔を合わせるのが楽しみです。中学女子では、一人3種目(リレー含む)エントリーで全て3位以内に入賞する「超人」も存在しました。話を伺ったら、「今日は専門種目外に挑戦してみたかった。結果はたまたま」と仰せ。驚きを隠せません。

学校に陸上部がなく、個人で参加する生徒もおりました。その生徒は中学女子800・1500mに参加し、いずれも3位以内に入賞。大会終了後、お母さんと一緒に自転車で帰宅する姿が印象的でした。私の地元中学からも初参加(恐らく)頂き、全ての参加者に感謝申し上げます。

今回、外部機関から医療スタッフの派遣がありましたが、涼しい気候の影響か、熱中症や怪我を負う選手はなく、運営側として安堵しました。全体朝礼後、部門ごとに打ち合わせを行い、人員不足箇所へも積極的に援助に入るなど、審判役員と連盟員が一丸となって大会に臨むことができました。「自由に誰もがスポーツを楽しめる環境を作る」。この決してぶれない目標と共に、次年度に向けて奮闘していきます。(新日本スポーツ連盟宮城県連盟・柿崎 勝)